Apogee Elementは、音楽制作のためのMac対応Thunderbolt オーディオI/Oです。Symphony I/O Mk II、Ensemble Thunderbolt、そしてGrooveで培われた数々のApogeeの技術が、シンプルなフォーム・ファクターに収められています。合理的なハードウェア機能と先進のソフトウェア・コントロールにより、Elementはかつてないクオリティのオーディオインターフェースを、驚くべきコストパフォーマンスで実現しました。

最高品質のオーディオを形作る『元素=Element』

アナログ-デジタル変換

高い品質を持つA/Dコンバータは、あらゆるディテールをコンピュータに録音するために必須の要素といえます。Elementシリーズは、Apogeeが作り上げてきた中でも選りすぐりのA/Dコンバータを搭載しています。Elementを通じてレコーディングを行うことで、不要なノイズを極小まで抑えつつ、音声信号のクオリティを最大限に保つことが可能になります。素晴らしいサウンドのトラックがあるだけで、その後のミックスやプロジェクト進行もより容易になるでしょう。

マイク・プリアンプ

パワフルなドラムから、ダイナミクスのあるボーカル、繊細なストリングスまで、レコーディングにおいては優れたマイク・プリアンプが欠かせません。Elementシリーズに搭載されたマイクプリは、Apogeeによる先進のAdvanced Stepped Gain Architecture™を採用しています。0〜75dBという幅広いゲインレンジに対し、動的に最適化するよう設計されたアナログ回路が、優れたバンド幅と限りなく低い歪みを実現します。

デジタル-アナログ変換

高品質なD/Aコンバータにより、 レコーディンだけでなく、ヴァーチャル・インストゥルメントなどのトラックも、より高解像度での聴取が可能になります。その明瞭さが正確な微調整をしやすくし、最も望ましくバランスの良いミキシングにつながります。瑞々しくクリアな高域と、タイトかつ輪郭のある低域を持つElementを通じてリスニングすることで、トラック同士の馴染みや調和の取れたミックスを得やすくなるでしょう。

クロック

オーディインターフェースは、オーケストラが指揮者を必要とするように、適切なクロックソースを必要とします。デジタルオーディオ・クロックは、システムの全パートに適切なタイミング信号を供給し、これによりAD/DAの各プロセスの同期が可能となります。Elementは、自身も非常に優れたクロックソースを内蔵しているだけでなく、Word Clock In/Out端子により外部デジタルオーディオ機器との同期も可能です。Elemetをマスタークロックとすることで、Apogeeが長年をかけ積み上げてきた、優れたクロック技術のアドバンテージを最大限に利用することができます。

Thunderbolt接続

Elementシリーズは、ラウンド・トリップで1.41msという圧倒的な低レイテンシーかつ堅固な安定性を誇るThunderboltドライバを有します。Apogeeによるカスタムドライバは、独自のDirect Memory Access (DMA)によりCPU負担の軽減を実現しており、多くのプラグインを使用しつつ低いバッファ設定でのDAWモニタリングも可能でしょう。Elementの低レイテンシー・ドライバは、マシンパワーとモニターの二択、という長年の悩みから解放してくれるはずです。

Elementを選ぶ

Element 24

2アナログ入力 + 4アナログ出力

78,000円

Element 46

4アナログ入力 + 6アナログ出力

118,000円

Element 88

8アナログ入力 + 8アナログ出力

188,000円

Elementをコントロールする

Elementシリーズは、パワフルなソフトウェア・エコシステムによるコントロールが可能です。Elementシリーズではコントロールという点において、かつてなかったオプションの数々が用意されています。

Elementを比較する

Element 24

Element 46

Element 88

アナログ入力 2 コンボ・マイク / ライン / インストゥルメント入力、マイクプリアンプ / 48Vファンタム電源 4 コンボ・マイク / ライン / インストゥルメント入力、マイクプリアンプ / 48Vファンタム電源 4 コンボ・マイク / ライン / インストゥルメント入力、マイクプリアンプ / 48Vファンタム電源

4 XLR 入力、マイクプリアンプ 48Vファンタム電源

アナログ出力 2 1/4″ バランス・モニター出力

1 独立 1/4″ ステレオ・ヘッドフォン出力

2 1/4″ バランス・モニター出力

2 独立 1/4″ ステレオ・ヘッドフォン出力

2 バランス L/R XLR 出力

2 バランス 1/4″ 出力

2 独立 1/4″ ステレオ・ヘッドフォン出力

デジタル I/O 8 ADAT/Optical 入出力 8 ADAT/Optical 入出力 16 ADAT/Optical 入出力
電源 電源アダプタ (付属) 電源アダプタ (付属) 電源アダプタ (付属)
AD/DA 変換クオリティ Ensemble Thunderbolt 同等 Ensemble Thunderbolt 同等 Ensemble Thunderbolt 同等
コンピュータとの接続 Thunderbolt Thunderbolt Thunderbolt

Elementを組み合わせる

Element 24 and Element 46

Element 46 and Element 88

Element 88 and Element 88

Element 24、46、88は、組み合わせの使用を念頭に設計されました。2台のElementをThundeboltでMacと接続することで、レコーディングシステムにさらなるアナログ入出力を追加することが可能です。複数のElementユニットを使用する際は、Optical I/Oを低レイテンシーな内部ミキサーバスとして活用することができます。

イメージ・ギャラリー

Customer Reviews

ryan-tedder

☆Taku Takahashi – DJ / Producer / m-flo / block.fm founder


今よりも少しでもいい音で録音したり、モニターしたいという人にElementシリーズはオススメですね。本体に無駄なものが付いてないから音楽に集中できる。音にこだわっている人すべてにチェックしてもらいたい製品ですね。