Apogee Symphony I/O Mk II

Professional audio interface for Mac-based Pro Tools HD & Thunderbolt™ workstations

Symphony I/O Mk IIは、Apogeeの最新フラッグシップAD/DAコンバータを搭載した、マルチ・チャンネル・オーディオインターフェースです。最大で32入出力を可能にする豊富なI/Oモジュールと直感的なタッチスクリーン・ディスプレイを採用し、さらにワールドクラスのマイクプリ・オプションを追加することも可能です。

オーディオ・レコーディング、ミキシング、マスタリングにおいて、プロフェッショナルが要求するサウンド・クオリティをSymphony I/O Mk IIは、現代のスタジオにおいて、あらゆる音楽制作の究極的かつ最重要のデバイスとなることでしょう。さらに、Symphony I/O Mk IIは3つの全く異なるプラットフォーム – Thunderbolt、Pro Tools® HD、そしてWaves SoundGrid®ネットワーク – へのダイレクト接続を可能にします。

柔軟な入出力オプション

Symphony I/O Mk IIは、あらゆるユーザのためのソリューションとなります。ホーム・スタジオ、プロジェクト・スタジオ、商業レコーディングから、スコア収録まで。2×6、8×8、16×16、そして8×8+マイクプリ、ベースとなる4つのI/Oコンフィギュレーションから選択し、スタジオ規模に合わせて後から簡単に拡張することもできます。2つのモジュールスロットには、最大32入出力に対応するAD/DAコンバータを搭載可能です。同一カテゴリのインターフェースと比較しても、Symphony I/O Mk IIは1チャンネルあたり最高のバリューを提供します。

伝説的サウンド・クオリティ

Apogeeのエンジニアは、フラッグシップ・モデルのあらゆる側面を改良するため日々情熱を注いでおり、最新のコンポーネントを用いて設計・最適化された回路群は、しばしば個別の部品製造者の予想を上回るパフォーマンスを生み出します。これこそがApogeeのアドバンテージといえます。Symphony I/O Mk IIは、過去30年にわたり引き上げられたハードルを乗り越えてきたApogee製品群の頂点であり、そのサウンドは研ぎ澄まされ、より高い明瞭度と透明度を備えます。事実、新しい8×8または16×16モジュールを備えたSymphony I/O Mk IIは、Pro Tools HDまたはThunderboltシステムをベースとする、他のマルチ・チャンネル・オーディオインターフェースを凌ぐパフォーマンスを発揮します。プロオーディオ業界の新たなフラッグシップ・オーディオインターフェースとして、グラミー受賞アーティストから、プロデューサー、ソングライター、エンジニアまで、Symphony I/O Mk IIはあらゆるユーザーのためのベストな選択と言えるでしょう。

 

製品ハイライト

  • 他のThunderboltインターフェースを凌駕するAD/DAコンバータを搭載。
  • 最大32チャンネルのモジュラー式アナログI/O構成、オプションで8チャンネル・マイクプリも搭載可能。
  • 同カテゴリのインターフェースと較べ、1チャンネルにつき最も高いバリューを提供。
  • Thunderbolt、Pro Tools® HD、Waves SoundGrid®ネットワークの接続方式を選択可能。
  • 超低レイテンシー・パフォーマンスを実現。
  • 直感的なタッチスクリーン・ディスプレイとフロントパネルによるオペレーション。
  • カリフォルニア州にて設計、メイドインU.S.A.

接続可能なプラットフォーム

Symphony I/O Mk IIで選択できる3つの接続オプション
young-the-giant-symphony-io-684x512

Thunderbolt

Thunderbolt端子を搭載するMac、Logic Pro XほかCore Audioに準拠するDAWと接続。ユニット/システムごと最大32チャンネルの同時入出力と、最短1.35msの低レイテンシー(Logic Pro X、96kHz/32 buffer)を実現。
bob-ludwig-symphony-io-684x512

Pro Tools HD

Digilink端子にてPro Tools HD Accel、HD NativeまたはHDXシステムと接続。Symphony I/O Mk IIとHD Digilinkを一対一で接続し、最大96×96の同時入出力が可能(1ユニットあたり32×32、3ポート使用した場合)。
akon-684x512

Waves SoundGrid Network

スタジオ、ライブ、ポストプロダクション・スタジオ向けオーディオ・ネットワークシステム、Waves SoundGrid Systemと接続。DiGiGridまたはWavesのDSPサーバーを追加すれば、WavesおよびSoundGrid対応サードパーティ・プラグインのリアルタイム処理が可能。
2016年秋対応予定

コンフィギュレーション

柔軟な入出力オプション

Symphony I/O Mk IIは、あらゆるユーザのためのソリューションです。ホーム・スタジオ、プロジェクト・スタジオ、商業レコーディングから、スコア収録まで。2×6、8×8、16×16、そして8×8+マイクプリ、ベースとなる4つのI/Oコンフィギュレーションから選択して、スタジオ規模に合わせてあとから簡単に拡張することができます。

2つのモジュールスロットには、最大32入出力のADおよびDAコンバータの搭載が可能です。同一カテゴリのインターフェースと比較しても、Symphony I/O Mk IIは1チャンネルあたり最高のバリューを提供します。

Symphony I/O Mk II 2×6

Symphony I/O Mk II 8×8 Mk II

Symphony I/O Mk II 16×16 Mk II

Symphony I/O Mk II 8×8+8MP

上記コンフィギュレーションはすべてThunderbolt接続です。Pro Tools HD、Waves SoundGridプラットフォームにも順次対応予定です。

HD Option Card

デザイン

モジュールに宿る魔法

I/Oモジュールは、Symphony I/O Mk IIのサウンドそのものであり、30年にわたるApogeeの製品開発による優れた設計思想が込められた、”魂”と呼ぶべきものです。これらのパワフルなモジュール群は、卓越したサウンドによるデジタルオーディオ・レコーディングという、Apogeeが誇る技術のコアとなるものです。3つのI/Oモジュールと8チャンネル・マイクプリを組み合わせ、スタジオの規模や拡張に合わせたベース・コンフィギュレーションの選択が可能です。

I/Oモジュールとコンフィギュレーションの詳細についてはこちらのページをご覧ください:

http://www.apogeedigital.jp/product/symphony-io-mk2/configuration

オプションカード・スロットと次世代接続方式への対応

新しいオプションカード機能は、Symphony I/O Mk IIそしてあなたのスタジオへの投資に対する、フューチャー・プループとなり、将来の対応を保証します。現在はPro Tools HDで作業を行っていて、Thunderboltによるネイティブ環境への移行を考えたり、イーサネットによるネットワーク・オーディオ化も検討中でしょうか。オプションカード・スロットが現在、そして未来に登場する新しいプラットフォームやレコーディング・ワークフローの進化に対して、柔軟な対応を可能にします。

フロントパネル・タッチスクリーンで多彩なコントロールが可能に

Symphony I/O Mk IIで必須となる入力および出力の設定は、フロントパネルのタッチスクリーンで行うことができます。入力の選択、モニターレベルの調整、マイクプリのゲイン、他のアナログ機器に合わせてSymphony I/O Mk IIをキャリブレートする、といった操作まで可能です。

高精細TFTディスプレイは、レコーディングおよびモニタリングにとって最重要となる視覚的なフィードバックを提供します。コンピューターの画面を見ることなく、64チャンネル(32IN – 32OUT)のメーター、シグナルレベル、位相、ミュート、ファンタム、Soft Limit設定をSymphony I/O Mk IIだけで確認することができます。

young-the-giant-symphony-io-684x512

HOME ホーム画面

bob-ludwig-symphony-io-684x512

INPUT LEVEL マイクプリ入力画面

akon-684x512

MONITOR モニター画面

自動温度調整

Symphony I/O Mk IIは、確実に最高のレベルでのパフォーマンスを発揮できるよう、先進のコントローラを用いてユニットを最適な動作温度に保ちます。この新しい温度調整コントローラと、改良された冷却ファン、そしてシャーシのベンチレーション・デザインが、高い静寂性を保持しつつ適切にコンポーネントを冷却します。

パフォーマンス

良質なAD/DAコンバータが必要な理由とは?

レコーディングにビンテージのNeveコンソールや、素晴らしいコンディションのNuemannマイク、多彩なマイクプリアンプを使ったとしても、アナログ機器の細かなニュアンスをDAWでとらえるためには、高品質なADコンバーターが必ず必要です。こうしたコンバータがなければ、微細なディテールの多くは失われ、どんなプラグインを使っても後から加えることはできません。同様に優れたDAステージも、録音されたオーディオ・トラックを精確に認知するために必要不可欠です。ミキシングで使用するスピーカーによらず、もしコンバータがオーディオに何らかのマスキングや色付けしてしまうようなら、コンプレッションやEQ、その他のエフェクトもかけすぎた上、解決できるはずのディテールの問題も見逃してしまうでしょう。

Symphony I/O Mk IIなら、より鮮明に各トラックとミックスの構成をとらえ、理知的な調整と理想的なバランスを得られます。

Apogee Engineering Advantage

30年以上にわたり、Apogeeは弛むことなくデジタル・オーディオのハードウェア・デザインの先端を再定義し続けてきました。栄誉ある賞を得た製品にとどまることなく、常にアナログ/デジタル両分野における最新の技術開発、コンポーネント、接続プラットフォーム、ユーザーインターフェースを検証し、あらゆるプロフェッショナルの要求を満たす、直感的かつ高いパフォーマンスを備えた製品デザインを推し進めてきました。

この”Apogee Advantage”を象徴する例の一つが、Symphony I/O Mk IIに独自の形で完全差動オペアンプ(differential op-amp)を、アナログ回路すべての基礎ブロックとして採用したことです。このコンポーネントを最新の技術で用いることで、驚愕のパフォーマンスを引き出すことに成功しました。ほぼ皆無と言っていい低ノイズと歪み、超高速なスルー・レート、サイズを超えた電流出力特性、これらを高い電力効率と、わずか2Uのパッケージに実現しています。

これらのコンポーネントが生み出すパフォーマンスは、競合する他社デバイスをはるかに上回る優位性を持っています。そしてこれらは、先進テクノロジーによる高品位の32チャンネルI/Oインターフェースとして、2Uパッケージが提供しうるチャンネルあたり最大限のコスト・バリューを誇るSymphony I/O Mk IIにおける重要なファクターでもあります。

Mk IIのサウンド・クオリティ
まったく新しい8×8、16×16モジュール

過去のApogeeフラッグシップ製品と同じく、Symphony I/O Mk IIは、”Apogee Engineering Advantage”を打ち立てた現在進行で最新の技術と知識から大きな恩恵を受けています。

Symphony I/O Mk IIには、我々がかつてデザインしたうちで最も洗練された設計のアナログ-デジタル・コンバータが搭載されています。アナログ・ステージには、Symphony I/Oと同一の完全差動オペアンプ(differential op-amp)が用いられていますが、回路単位で正確にかつ能率を高めた形で実装され、最大限に透明度の高いA/D変換を可能にしています。さらにDual Sum A/Dステージ – 各アナログチャンネルで2つのコンバージョン・ステージが合算される方式 – が極限まで歪みを抑え、Apogeeの設計において最も広大なダイナミックレンジを誇るA/Dコンバーターを実現しました。アナログ・インスピレーションに最も忠実なデジタル・レコーディングです。

Symphony I/O MK IIのD/Aセクションは、力強く、強靭な出力ドライバに最適化されています。新たに設計された高電流出力・低インピーダンス回路は、接続される機材の負荷に関わらず、およそ考えうるあらゆる入力を一切のパフォーマンスを損なうことなくドライブすることが可能です。これは特に、難しい入力インピーダンスを持つビンテージ機材を(時には非常に長いケーブルで)接続し、動作レベルを引き上げる際には重要な要素となります。Symphony I/O MK IIなら、機材の解像度とパンチ感を完全に保持することができます。

ハイレゾ・オーディオ対応ヘッドフォン・モニタリング
Constqnt Current Driveテクノロジー

Symphony I/O Mk IIには、Grooveで初めて搭載された、Apogee独自のConstant Current Driveテクノロジーによる超高解像度DACおよびヘッドフォン・アンプが採用されています。独自のアプローチで設計されたこのヘッドフォン・アンプは、接続されるヘッドフォンのノンリニアなインピーダンスに合わせて動的に出力を可変します。これにより、驚くほどの低い歪みとリニアな周波数特性を得ることができます。

ESS Sabre32 DACテクノロジー

ESS Sabre32 32-bit Hyperstream DACとTime Domain Jitter Eliminatorが、かつてないダイナミックレンジと低歪みを実現、入力ジッターから解放された明瞭度の高いサウンドを提供します。

Learn more:

http://www.apogeedigital.com.ess-sabre

8チャンネル・マイクプリアンプ・オプション

Symphony I/O Mk IIのオプション・モジュールでもある8チャンネル・マイクプリアンプは、すべてのチャンネルがApogee独自のAdvanced Stepped Gain Architectureに基づき設計されています。回路を動的に最適化することで、優れた帯域特性と超低ノイズと極限までの低歪みを、0-85dBという信じられないほどのゲイン・レンジで実現しています。パワフルなドラム、レンジの広いボーカル、繊細なストリング、あらゆるレコーディングにおいてインパクトを損なわない、瑞々しく立体感のある演奏を、その複雑なディテールまで捉えます。

Symphony I/O Mk IIのマイクプリ・モジュールには、8チャンネルのデジタル制御のアナログ・インサートも搭載されています。インサートはマイクプリとA/Dコンバータのシグナルパスの間に設けられているため、コンバート前にEQやコンプレッサーといったアウトボード・プロセッサでの処理を容易に行うことができます。インサートはApogee Maestroからデジタル制御されるため、インサートはあらゆるインプット・チャンネルに割り当てが可能です。このため、インサートチャンネルを変更しても、接続されたアウトボード機材を物理的に繋ぎかえる必要はありません。

数々の賞に輝く、サウンド・クオリティ

実感できる、その違い

Apogeeは過去30年のデジタル・レコーディング・テクノロジー業界で、リーディング・カンパニーとして多くの賞を受賞してきました。世界中のプロフェッショナルによってDuet、Quartet、Ensemble、そしてSymphony I/OといったApogee製品は選ばれ、数えきれないほどのグラミーおよびオスカー受賞作品の制作の過程で、その力を尽くしています。何十年にもわたり、プロフェッショナル・レコーディングにおける業界標準を既定し続けています。Symphony I/O Mk IIはその優れた功績から生まれた製品です。

Symphony I/Oシリーズ比較表

Symphony I/O Symphony I/O Mk II Thunderbolt Symphony I/O Mk II HD
基本コンフィギュレーション 2×6
8×8
16×16
8×8+8MP
16×16+8MP
2×6
8×8 Mk II
16×16 Mk II
8×8+8MP Mk II
2×6
8×8 Mk II
16×16 Mk II
8×8+8MP Mk II
対応I/Oモジュール 2×6 Analog I/O
8×8 Analog I/O
16×16 Analog I/O
8 Mic Preamp
16 Analog IN
16 Analog OUT
2×6 Analog I/O
8×8 Analog I/O
16×16 Analog I/O
8 Mic Preamp
8×8 Analog I/O Mk II (NEW)
16×16 Analog I/O Mk II (NEW)
2×6 Analog I/O
8×8 Analog I/O
16×16 Analog I/O
8 Mic Preamp
8×8 Analog I/O Mk II (NEW)
16×16 Analog I/O Mk II (NEW)
THUNDERBOLT 接続 NO YES NO
PRO TOOLS HD 接続 YES NO YES
フロントパネル メーター表示 最大16チャンネル 最大64チャンネル 最大64チャンネル
タッチスクリーン コントロール NO YES YES
ヘッドフォン アウトプット 2 1 1
フロントパネル コントロール モニターレベル
マイクプリゲイン
クロックソース切替
モニターレベル
マイクプリゲイン
全入力設定
クロックソース切替
キャリブレーション
モニターレベル
マイクプリゲイン
全入力設定
キャリブレーション
MAESTRO 2 ソフトウェア YES YES NO
(すべての設定をフロントパネルから調整)